中高年の腰の関節痛にグルコサミン

中高年の腰の関節痛にグルコサミン

中高年になると腰だけでなくひざなどの関節痛に悩まされている方は多いのではないでしょうか。

 

本来骨と骨の間にある軟骨がクッションになっているのですが、それが擦り減ってクッション効果が薄くなり痛むといったことのようです。

 

重いものを運んだり過度な運動なども原因に挙げられます。

 

逆に運動をしないということも筋肉が衰えて軟骨に負担をあたえる可能性もあります。

 

若い頃は問題ないのですが、加齢とともに軟骨成分といわれているグルコサミンを作り出す量が減っていきますからしっかり補ってあげることが大事です。

 

軟骨成分として代表的なものとしてグルコサミンがありまあす。

 

これは軟骨の修復や痛みを改善する効果が期待できるようです。

 

最近はCM等でも「関節痛にはグルコサミン」といったようなものをよくみます。

グルコサミンを摂取する方法

ではグルコサミンはどういった方法で摂取すればよいのでしょうか。

 

食べ物で言えばカニやエビの殻などに多く含まれています。

 

しかし、なかなか食べることはできませんので最近では多くのグルコサミンサプリメントが出てきています。

 

サプリメントなら必要な成分だけを簡単に摂取できますから一度試してみても良いのではないでしょうか。

 

グルコサミン以外にもコンドロイチンやコラーゲン、ヒアルロン酸なども関節にはよいとされていますのでそういった成分も含めて比較すると良いと思います。