ニキビ跡のクレーター凹凸を治療する

ニキビ跡のクレーター凹凸を治療する

ニキビ跡の中で一番厄介といってよいのがクレーターのような凹凸になった場合ですね。
これは皮脂の深い部分の真皮にダメージを受けて平らな状態に戻らなくなった状態ですね。
状態にもよりますが、大体の場合はニキビケア化粧品では改善されることはあるかもしれませんが、劇的な改善は難しいですね。
この状態になって改善したということであればやはりクリニックなどで治療することが大事になってくるのではないでしょうか。

ニキビ跡の治療方法

ではどのようなニキビ跡の治療方法があるのでしょうか。
抗生物質
抗生物質は保険がききますが、クレーターなどを治すのはなかなか難しいのではないでしょうか。
レーザー治療
レーザー治療はニキビ跡に照射して皮膚を平にしていきます。
クリニックなどでは色素沈着などにも対応していますね。
ケミカルピーリング
ケミカルピーリングとは顔にジェルのようなものを塗り、角質を剥ぎ取り、お肌の新陳代謝も活発になり皮膚の再生を促します。
ただ、副作用がでることもあります。

 

抗生物質などは保険がききますが、クリニック等で行うレーザー治療やケミカルピーリングは保険外なので懐具合との相談になりますね。
ヒアルロン酸注射などもありますが、ある程度の期間がすぎると元に戻ってしまいます。

クリニックでの凹凸治療

クリニックではレーザー治療などで凹凸を治療することができます。
保険のきく薬などで治らなかったというかたでどうしても改善したいというかたは一度カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。
ただクリニックはいろいろありますからどこが良いのかわかりませんね。
やはりある程度有名なところがよいですね。

シロノクリニック

ドクターシーラボ・アクアコラーゲンゲルの生みの親であるシロノクリニックなどが有名ですね。
ドクターシーラボはご存知の方も多いとは思いますが、シロノクリニックが開発も手掛けているんです。
シロノクリニックは1995年の開業以来、10万件以上の症例実績があり、メディアでもいろいろ取り上げられているので知っている方も多いと思います。
ニキビ跡の治療に関してもいろいろな種類があり、凹凸や色素沈着などに対応しています。
下記のような治療法がありますので参考にしてみてください。

WEBからなら無料カウンセリングも行っているので一度受けてみても良いのではないでしょうか。